くじら通信94号

2019.06.15発行

お施主様インタビューその79

【2階リビングで開放的なゼロエネルギー住宅】

 O様邸 【お引渡し】平成29年7月 【建設地】秋田市御所野 【延床面積】約36坪





【建てようと思ったきっかけ】

今回は、平成29年7月に新築された岡本様にインタビューさせて頂きました。


 「アパートに住んでいたのですが、家族が増え、狭くなってきたこともあり新築を考え始めました。秋田市で土地探しからスタートし、色々なハウスメーカーさんを見てまわりました。松美さんとは会社の上司や友人に紹介され、モデルハウスを見学しに行ったのが、最初の出会いです。



当時11月で寒かったのですが、全館床暖房で玄関から家中どこも暖いことに感動しました。完成内覧会にも足を運び、色々なデザインや間取りで注文住宅の魅力を改めて感じました。悩んだ末に友人からの後押しや、自分たちの要望と予算が合ったことで松美さんに決めました。利便性の良い御所野の土地も気に入っています。



営業の伊藤さんも新築に対する不安な気持ちを親身になって聞いてくれました。今は松美の家にしてよかったと思っています。




【こだわり】

 「デザインにはこだわりました。2階リビングにしたのは、日当たりと見晴らしが良いこと、外の目線を気にしなくても良いからです。大きな窓を設け、天井も吹き抜けにし、できるだけ開放感を持たせました。



 また、「木の質感」を最大限に活かしたデザインをお願いしました。お気に入りはリビングの天井とキッチンのカウンター下に使っている羽目板です。


特にキッチンカウンターにはこだわり羽目板のデザインはもちろん、天板には杉の一枚板を自分で探し、購入したものを施工してもらいました。



 他にもキッチン廻りではカップボードに収納扉を設け、使わないときは扉を閉めてスッキリ見せることができます。


 こだわったロフトは、ちょっとした隠れ家のようで気に入っています。



 小上がりの畳スペースは子供のお昼寝や、ちょっと腰掛けたいときなどに便利で利用しています。


 1階には寝室や子供部屋のほかにトレーニングルームを作ってもらいました。コルク調の壁で明るく、天候や時間を気にせず自分のペースでできるのでよく使っています。



色々こだわった自分たちの家はデザインはもちろん、住み心地も快適です。

ゼロエネルギー住宅にしたので売電も合わせるとお得で喜んでいます。」



【インタビューを終えて】

 お忙しい中、インタビューを受けて下さり、ありがとうございました。

 岡本様のご自宅は外観が黒を基調としたスタイリッシュなデザインで、内観は木の風合いがあり癒し効果抜群!



 玄関を入るとすぐにご主人の趣味のスペース。トレーニングができるよう、こだわっておられました。


 日当りがよく空を眺められる2階リビングではプライバシーを確保でき、ゆっくりとくつろげる素敵なお家でした。


 お子様は色々な種類のミニカーを持っていてリビングで夢中になって遊んでいました。可愛らしく、元気なお子様たちと仲良く会話しているご家族を見て、とても微笑ましく癒されました。



 また、デザイン性だけでなく機能性も高めた太陽光パネル7・97kwを搭載したゼロエネルギーハウスで年間を通して売電収入があることにとても喜んでおられました。


今回の取材で、長い時間私共にお付き合い下さいまして本当にありがとうございます。これからも末永く親戚づきあいをさせていただきたいと思いますので今後とも、よろしくお願いいたします。




くじら通信94号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。

くじら94号
.pdf
PDF • 4.10MB





最新記事

すべて表示