くじら通信37号

2009.12.15発行-

お施主様インタビューその24

【開放的で安心な住まい】

K様邸 【お引渡し】平成13年12月 【建設地】秋田市手形 【延床面積】約48坪


【松美の家に決めた理由】

今回は平成13年に松美の家を建てていただいた金様にインタビューをいたしました。

「以前は貸家に住んでいたのですが、子供も大きくなり、狭くなったので「そろそろマイホームでも。」と思ったのがきっかけです。

色々なハウスメーカーを見て回りましたが、

やはり構造の丈夫さ、床暖房の性能を理解して松美の家に決めました。また、設計の段階から自分たちのわがままや要望をちゃんと聞いてくれました。本当に感謝しています。松美で建ててよかったです。」と嬉しいお話しをお伺いすることができました。





【開放的で安心な家】

次に金様に特にこだわったところをお聴きしました。

「家中どの場所もオープンにしたことです。」金様のお家は主寝室と和室以外のお部屋は扉がありません。玄関を開けると吹き抜けがあり、ホールを間にはさんでリビング、和室があります。和室の戸は収納式になっているので開放すると1階は明るく広々とした大空間となります。「子供たちが常に目の届くところにろにいて、いつでもコミュニケーションがはかれるように扉を設けませんでした。キッチンも対面式にし、子供からも自分が見えるようにしました。」笑顔でお話して頂きました。


【伸び伸びと過ごせる空間】

先ほど紹介しましたが、リビング同様、子供部屋には扉を設けていません。子供部屋は2階のホールと一体化し、階段を上がるとすぐ、開放感溢れる空間が広がっています。

「1階のホールが吹き抜けになっているのでリビングにいても2階にいる子供達の声が聞こえます。子供達も部屋にいながらリビングにいる私達と会話ができるのですごく安心し



【松美の家に住んでみて】


松美の家でよかったと思うことをお聴きいたしました。「松美の家に住んでみて、床暖房の

暖かさに感動です。家中どこへいっても暖かいですし、空気が汚れません。真冬でも床暖房だけでこれほど暖かいことに本当にびっくりしました。おかげで子供たちは冬でも薄着で元気に過ごしています。また、家中がすべて暖かいので、広めの食品庫を設けて野菜やストッカーを置き収納庫として大変便利に使っています。あとは家が片付くようにと収納スペースを沢山設けました。キッチンやリビングにも多く収納を造り、色々なものをしまっておけるので大変助かります。





【手造りのテラスガーデン】

下の写真はご夫婦で休みの日に少しづつ手がけたレンガ張りのテラスガーデン。レンガが隙間なくびっしりと敷き詰められていて、プロも顔負けの出来栄えでした。「以前は雑草が生えてきて草むしりが大変でした。今は家族でバーベキューをしたり、子供の遊び場となったり、頑張ったかいがありました。」と笑顔で話されました。金様にとって、一生の記念に残る思い出になったのではと思います。




【インタビューを終えて】

今回はお忙しい中、急にお願いしましたインタビューに快くお受けいただきまして本当にありがとうございました。金様のご自宅は建物もステキですが庭もとても素晴らしく、季節ごとに色々な色が楽しめます。また、金様のご家族はとても温かく愛情溢れるご家族でした。お子さん達もとても仲良く、元気いっぱいでした。

これからも末永く親戚づきあいをさせていただきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。



くじら通信37号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。

くじら37号
.pdf
Download PDF • 3.77MB



​エコでしあわせをつくる好環境住宅

松美の家
  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

​〒010-1413

秋田市御所野地蔵田2-2-1「住宅資料舘」

​TEL:018-839-8600