くじら通信92号

2019.02.15発行

お施主様インタビューその79

【カフェライク+アウトドア+高性能ZEH仕様の住まい】

 I様邸 【お引渡し】平成30年1月 【建設地】秋田市御所野 【延床面積】約39坪



【建てようと思ったきっかけ】

今回は、平成30年1月に秋田市御所野に建てられました猪股様にインタビューさせていただきました。



「以前は貸家に住んでいたのですが、収納が少ない上、間取りや動線も生活スタイルに合わず住みづらかったです。また、自分たちの持家でないことから気を遣いながらの暮らしでした。同じ支払いならば自分の家を持ったほうが良いのではと家を購入しようと考え始めたのがきっかけです。


最初は中古住宅か新築かで迷いましたが、端材をもらいに、なにげなしに行った松美さんの住宅資料舘で住宅の性能のお話しを伺い、新築にしようと決めました。



他の住宅メーカーも見学しましたが、営業担当の鈴木さんの人柄が良く、相談しやすいことや建物も丈夫で安心できること、そしてなにより秋田の気候風土に適した家づくりの実績を重要視して、松美の家に決めました。実際に住んでみて、冬はもちろん夏も快適に過ごせています。」



【こだわり】

「収納には、とてもこだわりました。出かけるのが好きなのでテントやバーベキューセット等のアウトドア用品を仕舞っておけるように玄関クロークを広く設けました。

容易に出し入れできるよう機能性や車までの動線にもこだわりました。

おかげで、用途ごとにまとめて収納し時間をかけずラクに積み込めます。


水廻りでは見せる収納と隠す収納を意識し、キッチンカウンターには吊戸棚を取付けました。使いやすく、アイアンと木の組み合わせも気に入っています。またインテリアが好きで食器や調理器具も見える位置に配置。お気に入りのものに囲まれて調理でき、モチベーションも上がります。



また、脱衣室にも収納をたっぷり取り洗濯→干す→仕舞うがその場でできて楽ちんです。


床暖房と迷いましたが、エアシスエ法を選びました。家庭用のエアコン1台だけで家中、冬は暖かく、夏は涼しく快適。しかもゼロエネルギー住宅なので、多少電気を使いすぎても光熱費の心配がありません。毎日安心して暮らせています。以前冬はリビングから廊下に出るにしても羽織るものが必要で、服が散らかりやすかったのですが、今ではどこも暖かいので、着替えも苦にならず、上着も置きっぱなしになることはありません。家事の効率も上がり喜んでいます。」





【インタビューを終えて】

大変お忙しい中、インタビューを受けて下さり、ありがとうございました。


猪股様のご家族はとても素敵な、あたたかい仲良し家族でした。

インタビューの際、お料理上手のご主人がカレーを作ってくれました。沢山のスパイスで作るカレーは本格的で最高に美味しかったです。



ご自宅は機能性、デザイン性とも素晴らしく、オシャレでスマートに暮らせるお家でした。

特に収納の使い方などは勉強させていただきました。



また、約9kWの太陽光発電を搭載したゼロエネルギー住宅は意識せずとも省エネと快適な暮らしを両立されています。今同、今までの光熱費のデー夕掲載に快くご了承下さり、ありがとうございました。



これからも末永く、お付き合いいただきたいと思います。宜しくお願い致します。



くじら通信92号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。

くじら92号
.pdf
PDF • 4.51MB








最新記事

すべて表示