くじら通信82号

2017.06.15発行

お施主様インタビューその69

【木の風合いを感じる縦を上手に活かした住まい】

 I様邸 【お引渡し】平成25年10月【建設地】秋田市手形 【延床面積】約39坪




【建てようと思ったきっかけ】

今回は、平成25年新築の磯崎様にインタビューいたしました。まずは、新築しようと決めたきっかけからお伺いいたしました。


「きっかけは二人目の子供ができたことです。以前は公舎に住んでいたのですが手狭になり、子供達が元気に走り回れ、自分たち夫婦もゆっくり過ごせる家が欲しいと思ったのが最初です。



土地から探さなければならなかったので、まずは色々なハウスメーカーに相談しに行きました。その中で、完成見学会に行ったのが松美さんとの最初の出会いでした。

そのときに親切に対応してくださったのが営業の筒井さんです。


土地情報を届けてくれたり、家のことで親身になって相談にのってくれました。

沢山紹介してくれた中で今の土地が気に入り、松美さんを選ぶ一番の決め手になりました。もちろん、筒井さんの人柄や誠意ある対応も決めた理由のひとつです。


他にも住宅資料舘やモデルハウスなどを見学させてもらい、構造体の丈夫さにも納得し、安心してお願いいたしました。


今は全館床暖房の暖かさや、丈夫な構造、アフターメンテナンスの対応の速さなど、安心で快適に暮らしています。松美さんを選んでよかったです。


 



【こだわり】

「子供とコミュニケーションをとることを一番に考えました。子供が自分たちの目が届くところで勉強してほしいとキッチン前にスタデイコーナーを設けたり、毎日顔を合わせる機会を増やせればとリビング階段にしました。



他にも、楽しめる空間としてスキップフロアもお願いしました。



また、木の風合いを感じることができるよう階段の手すりを木製の格子にしたり、無垢材のフローリングにしてもらいました。



リビングの隣は小上がりの和室で掘りごたつに。普段使わないときはフラットになります。小上がりの下部は引き出しタイプの収納になり便利です!

今は子供達の遊び場になっていますが(笑)。



バルコニーにもこだわりました。収納や水場も設け、夏はバーベキューを楽しんだり、ビニールプールを置いて子供たちの遊び場として大活躍です。



他にも、仕事場として5帖の屋根裏部屋をつくりました。集中したいときはそこで仕事をしています。天窓をつけてもらったので、屋根裏部屋はもちろん、リビングまで光が入るので、家中どこも明る<快適です。



また、家事の効率を考え、洗面室を広くし、カウンターを設け、アイロンがけや作業台として使用。一時的に物を置くのに便利です。



玄関正面の壁をアーチ型にし、曲面の柔らかな雰囲気かとても気に入っています。



営業の筒井さんや設計の斉藤さんには、自分たちの要望を伝えただけでしたが、想像以上に色々工夫してもらい、とても嬉しく思います。


実際に3年住んでみて、夏は涼しく、冬は床暖房だけで家中暖かく、子供が走り回っていても安心できます。



また、近くに幹線道路がありますがとても静かで、気密・断熱性能が高いと改めて実感しています。一年を通して快速な松美の家を選んでよかったです。」

とうれしいお話しを伺えました。 


【インタビューを終えて】

 今回はお忙しい中、インタビューをお受け頂きまして誠にありがとうございました。


磯崎様はご家族大変仲が良く、ご夫妻は、お子様たちのことを何より一番に考えていらっしゃいました。



お家づくりにもお了様たちへの想いが込められ、リビング階段や、スタディコーナーなど細部までこだわったエ夫がされていました。


完成後は快く内覧会開催も引き受けて下さり、沢山のお客様にご来場いただきました。

これからも末永くお付き合い頂きたいと思っております。本当にありがとうございました。



くじら通信82号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。

くじら82号
.pdf
Download PDF • 4.44MB











​エコでしあわせをつくる好環境住宅

松美の家
  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

​〒010-1413

秋田市御所野地蔵田2-2-1「住宅資料舘」

​TEL:018-839-8600