くじら通信74号

2016.02.15発行

お施主様インタビューその61

【スッキリシンプルに暮らす仲良し夫婦の住まい】

 S様邸 【お引渡し】平成26年12月【建設地】秋田市御所野 【延床面積】約30坪


【建てようと思ったきっかけ】

今回は秋田市の『レインボウヒルズ御所野』に建てられました、進藤様にインタビューをお願いいたしました。はじめに新築するまでの経緯をお聞きしました。


「結婚を機に新築を決めました。アパートにしようかとも思ったのですが、住宅ローン並みにアパートの家賃もかかるようなので、悩ん末に新築することに決めました。



土地から購入しなければならなくて御所野方面で探していたところ、レインボウヒルズ御所野の広告が目に入り、ここだと思いました。知人で松美のお施主様の鈴木さんからも松美はいいよと勧められ、まずは完成内覧会へ行ってみました。初めて行った内覧会はアメリカンな雰囲気ですごくステキなお家でした。

その後、内覧会や住宅資料舘・モデルハウスゆるりへも行き、建てる前の準備や流れ・注意するポイント、性能や構造などを詳しく教えてもらいました。

他の住宅会社も見学しましたが、親身になって相談に乗ってくれた営業の伊藤さんを信頼したことと、御所野の土地に新居を構えたいということもあってあまり悩まず松美さんを選ばせていただきました。今ではこの暖かい家で快適に暮らせています。松美さんを選んで本当に良かったと思います。」





【こだわり】

「和室にこだわりました。白い壁に黒の琉球畳は以前からの要望でした。今では一番落ち着く場所になっています。



実は他にあまりこだわりがなく何回か見学した完成内覧会でいいと思ったところを取りいれてもらいました。私達夫婦はお互い実家暮らしだったので、こうしてほしいという要望があまりありませんでした。逆に自分たちが悩んで決めるよりも、プロが決めた間取りのほうが、暮らしやすく設計してあるのではと思い、企画型の『C-Style』を選びました。



実際に住んでみて動線や間取り・収納など住みやすさの工夫がしてあり、住んでいくうちに自然と生活スタイルも確立していき、とても快適に暮らせています。


また、実家が築年数が経っていたので新しい家に住むというだけでテンションが上がりました。他にもクロスや床は落ち着いた色に統一しました。実はカタログを見ただけで決めたので、少し心配していたのですが、完成した家を実際に目にし、とても調和がとれていて安心しました。



特にキッチンの天井を木目調にしたことやリビングのレンガのクロスなどはアクセントとなり、良かったです。妻飾りも完成内覧会で見て、同じものにしてもらいとても気に入っています。」




【松美の家に住んでみて】

「これは、松美の家に限らないかもしれませんが、実際住んでみて一番感じたことは自分の家がどこよりも落ち着くということです。今でも完成内覧会によく行くのですが、どんなにステキな建物を見てもやっぱり家が一番だなと感じています。



また、松美の家だから感じたことは、夏は涼しく、冬は暖かいことです。夏はエアコン1台で涼しくなり、冬は家じゅうどこでも温度差の無い全館床暖房は真冬でも靴下を履かず、半そでで過ごせます。


また、結露もなく洗濯物がどんなにあっても半日で乾きます。

新築したばかりの友人が寒い時期に遊びに来たときは暖かいと羨ましがられました。他に今までと変わったことはとても静かなことです。車があまり通らないということもありますが、風が強い日や雨や雪の日もぐっすり眠れます。



ちなみに実家は雨でテレビの音もかき消されることもあったのですが…(笑)

やはり高気密・高断熱のおかげだと改めて実感しています。

初めての家造りで営業の伊藤さんやコーディネーターの斉藤さんにいろいろなアドバイスを頂き、とっても素敵な家を持つことができました。本当に感謝しています。」とうれしいお言葉を頂けました。



【インタビューを終えて】

今回、お忙しい中インタビューを受けて頂きまして誠にありがとうございました。進藤様ご夫妻は結婚式と新居にはいるのがほとんど一緒の時期で、挙式と家造りの準備が同時進行となりとてもお忙しかったと思います。

しかしながら、要所に進藤様の要望をしっかりと取りいれ、とてもステキなお家が完成しました。



ご夫妻も住みやすいお家だと大変気に入っていただき、うれしく思っております。水廻りもきちんと片付いていて建物への愛情と奥様の几帳面さがうかがえました。

また、内装・外装共に色使いやコーディネートに統一感があり、オシャレなお家でした。

また、一番にこだわった和室では黒い琉球畳がアクセントとなり、とてもステキな癒される空間になっていました。


建築中は何事もあまり悩まず即決するご主人がリードをし、家造りの打ち合わせもスムーズに進んだと聞いております。

決断力のある頼りがいのあるご主人と包容力のある笑顔が素敵な奥様とがいて、羨ましいくらいのステキなご夫妻だとインタビューを通じて感じました。


これからも松美の家と、末永く親戚付きあいをよろしくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。



くじら通信74号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。

くじら74号
.pdf
Download PDF • 4.33MB




​エコでしあわせをつくる好環境住宅

松美の家
  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

​〒010-1413

秋田市御所野地蔵田2-2-1「住宅資料舘」

​TEL:018-839-8600