くじら通信68号

2015.02.15発行

お施主様インタビューその55

【夫婦2人のアトリエとギャラリーのある住まい】

 H様邸 【お引渡し】平成25年12月 【建設地】秋田市御所野 【延床面積】約49坪



【建てようと思ったきっかけ】

今回は、平成25年新築の羽深進様ご夫妻にインタビューさせて頂きました。最初に家を建てるきっかけを伺いました。


「以前の家が老朽化していた事もあり、退職を機会に、新しい土地に家を建て、リスタートしようと思ったのがきっかけです。様々な住宅メーカーを見学している中、「松美の家」との出会いは住宅資料舘でした。営業の伊藤さんが詳しく丁寧に説明くださり、内部の構造がとてもしっかりしている事に感動しました。さらに、地中熱を利用した冷暖房完備のモデルハウス「ゆるり」で床暖房を体感し、「省エネ」に、大変興味を持ちました。



 また、夫婦ともに創作活動を行っているため、以前からアトリエのある家が欲しいと思っておりました。本当に可能かどうか不安に思っておりましたが、伊藤さんから過去にアトリエのある家を造られたことがあるとお伺いし、実際に秋田市泉のお家を拝見させていただきました。何事にも親身に相談にのって頂いたことが、松美の家に決めた大きなきっかけとな

りました。



 他にも妻が、新しく建てる家には、ぜひ庭が欲しいと希望しておりましたので、造園部門もある松美さんなら家も庭も任せられるということも理由のひとつでした。土地探しからのスタートでしたので、営業の伊藤さんには、様々な情報をご紹介して頂きました。

ここ御所野は緑が多く、計画的に整備されたきれいな街並みがとても気に入り、決めました。 実際に暮らしてみて、住みやすい環境にとても満足しております。



【こだわり】

ご主人にこだわりを伺いました。

「一番にこだわったのは、アトリエでした。私は、大きな作品も創るので楽に出し入れしやすく、採光も考慮し、ガラス戸の扉で大きく開けられるタイプを選びました。13帖もあるアトリエは、天候を気にせず大きな作品も時間をかけてじっくり創ることができるのでとても気に入っています。また、作品を展示するためのスポットライトを設置してもらい、ギャラリーとしても活用しております。」



 奥様は「趣味の楽器を、周囲を気にせず気兼ねなく楽しめるよう、壁に防音対策を施しました。静かなアトリエは絵を描くときも集中することができ、作業が非常にしやすいので、大変満足しております。



また、今は夫婦二人で暮らしておりますが、将来、男鹿にいる母と同居する事を考えておりますので、母が安心してゆっくり暮らせるよう、バリアフリーに致しました。玄関を入ってすぐの場所に、母の部屋を用意し、洗面→浴室→トイレと楽に移動できる動線をとりました。時々遊びにくる母は、家中が暖かく夜もぐっすり眠れて、とても住みやすいと喜んでおります。



 そして、南側に面した場所にはリビングを設けました。夏は風通しが爽やかで、冬場も日当たりがよく、いつもポカポカしており、とても居心地が良い空間です。リビングから外を臨めば、念願の庭があります。庭設計士の森さんにステキな庭を造ってもらい、植物や家庭菜園も楽しんでおります。自分達が育て収穫した野菜の味は格別で、とても美味しくいただいております。



 さらに収納にもこだわりました。以前の家は収納が少なく不便でしたので、適所に収納を設け、用途にあった間仕切りをした事で、とても片づけやすくなりました。そして、前の家で使っていた家具をそのまま利用できるよう、寸法を測り、ぴったり合うように設計して頂き、新しい家にも自然に馴染んでいます。使いやすく住みやすい松美の家を選んでよかったと思っています。




【松美の家に住んでみて】

 「床暖房は実際に体験してみないと、本当に暖かいのかと疑問に思われる方も多いと思います。私達夫婦は、共に、床暖房が設備されている職場に勤めておりましたので、床暖房の暖かさはよくわかっているつもりでした。しかしながら、ほんわりと包み込むような暖かさを感じられる「松美の家」の床暖房は、他とは違います。この寒い冬に家中どこにいても暖かく、結露もしにくい住環境は、まさに快適の一言に尽きます。



女性設計士の斉藤さんが、一生懸命考えてくれたように、自由設計の「松美の家」でなければ、私達夫婦の長年の夢は実現出来なかったと思います。本当にありがとうございました。」と嬉しいお話を頂きました。



【インタビューを終えて】

 今回、取材させて頂いた際、ご自宅だけではなく、素晴らしい作品も拝見でき、大変貴重な時間を過ごさせて頂きました。お二人は、昨年行われた「国民文化祭」でそれぞれ作品を出品し、共に入選される等アートの世界で、大変ご活躍されておられます。



そのご夫婦が、こだわり抜いて造られたアトリエを、大変使いやすいと喜んで頂き非常に感激いたしました。 「国文祭」に入選した作品の他、迫力のあるダイナミックな作品や、繊細で可憐な作品など、様々な表現の作品に触れさせて頂き、感動いたしました。

 また光に溢れ、ゆったりくつろげるご自宅は、優しく温かさにあふれた羽深様ご夫妻のお人柄が、とても表れておりました。

 これからも末永く、親戚づきあいをよろしくお願いいたします。





くじら通信68号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。

くじら68号
.pdf
Download PDF • 4.51MB





​エコでしあわせをつくる好環境住宅

松美の家
  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

​〒010-1413

秋田市御所野地蔵田2-2-1「住宅資料舘」

​TEL:018-839-8600