くじら通信49号

2011.12.15発行

お施主様インタビューその36

【吹き抜けを活かした温もりを感じる住まい】

 O様邸 【お引渡し】平成20年10月 【建設地】秋田市御所野 【延床面積】約39坪



【建てようと思ったきっかけ】

「以前はアパートに住んでいたのですが、月々の支払いをしていくうちに『このまま支払いを続けていくより住宅を建てたほうがよいのでは?』と思うようになり、自宅のパソコンで住宅ローンのシュミレーションをやってみることにしました。

初めは今の支払額と大きな差額が出てしまうのではないかと不安でしたが、実際に試してみると大きな差はなく、住宅を建てても負担にならないということがわかりました。それから本格的に住宅を検討し始めました。」


【松美に決めた理由】

「松美さんの内覧会を見学した時に初めに対応してくれたのはトーマスさんでした。トーマスさんはとても明るく気さくな方で、とてもインパクトのある方でした。住宅資料舘では構造体の丈夫さと床暖房の快適さも分かりやすく説明していただきました。とても丈夫で安心して暮らせる家になるんだろうな、と思いました。また、トーマスさんの一生懸命な姿勢と熱意にも心を惹かれました。そしてなにより決め手となったのは、『地域に根付いた会社』といことです。以前住んでいたアパートも御所野でしたし、とても住みやい町ですので、やはり家を建てるなら御所野がいい!と思っていました。秋田県内、そして御所野地区で長年実績を積んできた松美さんにとても信頼と安心感を持ち、建てることを決めました。」



【松美の家に住んでみて】

「私たちの土地は南向きの土地だったので、大きな吹き抜けや窓を配置し、光を最大限に取り入れることのできる間取りにしていただきました。おかげでリビングは光が差し込み、明るく広々とした空間でゆったりとくつろぐことができます。また、床暖房はとても暖かく快適です。しかし、初めのうちは光熱費の事も考え、床暖房をこまめに消したり、使用していない部屋は床暖房を止めたりと、床暖房を上手に使いこなすことができず戸惑いました。

ですが、トーマスさんからのアドバイスもあり、温度ムラがでないように使用していない部屋にも暖房を入れるようにし、タイマーを使用して計画的に稼動させてみることにしました。おかげで光熱費も以前に比べ、ほとんどかわらず以前よりも暖かく快適に過ごすことができています。子供が小さいので火を使わないというのも安心です。また、脱衣所を広くし、収納スペースも設けたことも良かったです。子供のお風呂の準備や洗濯物の出し入れな

ど家事もしやすく、安心して家事と子育てが両立でき、とても満足しています。」




【家造りのこだわり】

「家は【白】を基調としました。住んでいたアパートの近くに素敵な白い家があり、『あんなお家がいいな』と憧れていました。実際にトーマスさんと一緒にその家を見に行き、同じような外壁材を使用することができました。また、アクセントで茶系の外壁材もプラスし、シンプルでモダンな落ち着いた外観に仕上げました。

また、内観はリビングを中心に各部屋が一つにまとまっているような温かみのある家を造りたいと以前から思っていました。実際に自分たちで自由に間取りを考え、それを元にさらに良い間取りになるよう、設計の方も一生懸命考えてくれました。おかげでリビングは、たくさんの光が差し込む大きな吹き抜けを造ることができ、二階へと繋がる階段はリビング階段にすることができました。手すりも格子状にし、二階ホールは壁で仕切らなかったことで、広々とした開放感のある空間となりました。自分たちで考えた間取りを活かしていただけたことが、とても嬉しかったです。」



【お気に入りの場所】

「まず一つ目は、憧れていたリビングの大きな吹き抜けです。明るくてとても気に入っています。そして二つ目は、階段下を利用した洗濯機収納です。意外と場所のとる洗濯機ですが、階段下を上手く利用しました。おかげで脱衣所がスッキリ広々と使えます。また、洗濯物もたくさん干すことができ、重い洗濯物を運ぶ手間も省け、家事もスムーズに進むので、とても満足しています。


三つ目は、二階ホールに設けたパソコンスペースです。少し仕事をしたい時などに大活躍です。また、作業をしながらリビングの様子が分かるのも安心です。

そして最後は、寝室の配色です。部屋の一面に落ち着いた茶色のクロスを使用しました。最初はイメージがつかず、どうなるのだろうと、不安な気持ちもありましたが、出来てみるとそれがアクセントとなり、とても落ち着いた居心地の良い寝室になりました。


今ではとても気に入っています。自分達の憧れだった吹き抜け、そして、設計士さんが提案してくださったパソコンスペースなど、思い描いていた住宅よりも、さらに住み良い住宅を一緒に作ることができ、うれしく思います。」



【インタビューを終えて】

今回は、お忙しい中インタビューをお受けいただきまして、本当にありがとうございました。奥山様のお宅はとても小さなお子様がいらっしゃるとは思えないほど、お掃除が行き届いており、とてもピカピカでまだ建てたばかりのようでした。また、リビング階段ですので、2階の廊下からリビングを見渡せる開放的で大きな吹き抜けがとても印象的なお家でした。家族の集う温かな空間にこだわり造られたことがお家を拝見して納得できました。

これからも末永く親戚づきあいをさせていただきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。






くじら通信49号の全ページをご覧になりたい方はこちらよりダウンロードできます。


くじら49号
.pdf
Download PDF • 4.59MB


最新記事

すべて表示

​エコでしあわせをつくる好環境住宅

松美の家
  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

​〒010-1413

秋田市御所野地蔵田2-2-1「住宅資料舘」

​TEL:018-839-8600