top of page

くじら通信117号

お施主様インタビューその103

【広さと快適さで日常生活がアップデートできるくらし】

T様邸 【お引渡し】 令和4年 【延床面積】30.55坪



【建てようと思ったきっかけ】

「以前はアパートで生活していたのですが、子供が成長し走り回るようになってきてアパートでは狭いなと思い、家を持とうかと考え始めました。


また、実家でずっと生活してきたので、アパートがなんとなく窮屈と感じていたのも理由

です。土地探しからなので、色々なハウスメーカーを見てまわったりしながら家づくりがスタートしました。実家が建具業者で、松美さんのお仕事をしているので、建具は自由に決められるかなと軽い気持ちで松美の家も見学に行きました。

デザインは自由設計でしたし、エアコン1台だけで年中快適なエアシス工法も魅力的で興味を持ちました。最終的には、営業の伊藤さんがここの土地情報を持ってきてくれて、それが気に入ったこと、提案してもらったプランが気に入ったこと、エアシス工法等が決めてとなり松美さんに決めました。」


【こだわり】

「最初はあまりこだわりがなかったんですが、設計の赤川さんが提案してくださった内容がすごく良くて、どんどん家づくりが楽しくなり、ああしたい、こうしたいという要望が増えました。中でも一番のこだわりはリビングです。

限られた広さでできるだけ広くて明るくなるようにお願いしました。

憧れていたオープンキッチンと、その横にダイニングテーブルを配置し、料理ができたらすぐにテーブルに運べるのでキッチンがスッキリです。

リクシルのリシェルというキッチンを選んだのですが、すごくカッコよく、機能性も抜群で、天板に熱いナベを直置きしても、まな板がわりにしても大丈夫なんです。お手入れも簡単なのでとても気に入っています。友人や両親が来たときはキッチンカウンターが重宝します。料理しながらコミュニケーションがとれるのもよかったです。


2階に浴室や洗面室を置いたのはリビングをできるだけ広くしたいと赤川さんに伝えたら提案いただきました。

考えたこともなかったので悩みましたが2階にしたおかげで、洗濯動線が短くなり、洗濯したあと、その場で乾かし、折り畳みの作業台で畳んで、隣のクローゼットに仕舞う作業が移動距離なしなのですごく楽です。


また、階段下の書斎スペースをお願いました。子供の学校が休みで、私が自宅で仕事をする際に、書斎を利用します。

オープン書斎ですが、カウンターの両サイドが壁になっているので目隠しにもなり集中できます。

子供たちも私がすぐそばにいるので安心して遊べているようです。


他にも内装ドアは明かり取りの採光ガラスがあるものにし、室内をできるだけ明るくしたり、スッキリ仕舞えるように収納スペースを工夫したり悩みながら楽しくお家づくりができました。とても満足しています。」と奥様から嬉しいお話をいただきました。




【松美の家に住んでみて】

「すごく快適です。夏は秋田でも猛暑の日が続くこともあるので普通であれば一家に何台もエアコンがあると思うのですが、松美の家のエアシスは、家庭用のエアコンたった1台だけで本当に家中快適です。


もちろん冬は薄着で過ごせるほど暖かいです。心配した電気代も思ったほど高くなく、真冬でも3~4万円です。オール電化で家中全て暖かくしてのこの金額は安いほうだと思います。性能はもちろんですが、デザインや間取りもとても満足しています。

浴室や洗面室を2階にしたおかげで生活感が出やすいモノは家族以外に見られることもありません。松美さん提案してもらったおかげで色々なところに気づけましたし、こだわることができました。」と奥様。

ご主人は「私は独身時代からはアパート住まいでしたので、間取りやデザインは自分が合わせればいいと思っていました。自分達の家に実際に住んでみて、全てが新しく、想像以上の快適さと安心感ある家に暮らせていることで、新築・持家の良さがわかりました。子供たちも家や庭でのびのびと走りまわっています。お家が大好きなようです。これからも松美さんとずっとお付き合いしていきたいです。」









kujira夏号
.pdf
Download PDF • 3.07MB























閲覧数:371回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page