top of page

くじら通信108号

お施主様インタビューその94

【エアコン1台だけで家中ポッカポカ!年中快適に暮らせる家】

T様邸 【お引渡し】 令和2年 【建設地】秋田市新屋【延床面積】35坪




【建てようと思ったきっかけ】


今回は令和2年に新築した髙島様にインタビューをいたしました。

家を建てようと思ったきっかけをお伺いしました。

 「以前アパートに住んでいたのですが娘の成長に合わせて、主人の実家に引っ越しました。いずれは自分たちの家を持ちたいという思いもあり、実家の敷地内に新築することに決めました。



お互いに気を遣わずに生活できますし、何かあればすぐに助け合える丁度良い距離感です。

それから色々な会社を見てまわり、最後に見に行ったのが松美さんでした。

住宅資料舘で働いている友人や松美の家を建てた友人もいて、縁のある会社でした。

高性能だとは聞いていましたが、広告の中に『エアコン1台で家中冷暖房ができる』というフレーズが目に入り、そんな夢のような家があるのかと半信半疑で、冬に完成内覧会を見に行き、その暖かさに驚きました。

快適さと自由な設計、営業の田中さんの人柄や友人たちの推しもあり、松美さんに決めま

した。



【こだわり】


「自分達の生活スタイルに合わせた快適な家にしたいと思い、動線や間取りにこだわりました。

 友人たちが遊びにくることが多いのでできるだけ広々と開放感が感じられるようなデザインにしてもらいました。

リビングには外のウッドデッキに出られるように大きな窓を付けてもらいました。

気候のいい時期は外でよくバーベキューをして楽しんでいます。

リビングには畳スペースもあり、洗濯モノをたたんだり、お昼寝をしたり使いやすい場所です。ロールカーテンで仕切れるので個室のようにも使えます。


 水廻りでは、悩んで決めたキッチンがとても気に入っています。デザインだけでなく機能性も良く、セラミックを素材にした丈夫な天板は熱いフライパンを直接置いたり、まな板の代わりに使っても傷が付きにくいんです。松美さんではこのシリーズが標準だと聞き、驚きました。

 






収納や動線にもこだわりました。ランドリー室と玄関ホールの間をウォークスルークローゼットにし、洗濯→干す→仕舞うが移動距離なしでできたり、帰宅してすぐに着替えられるので部屋まで行く必要がなくラクチンです。また、洗面所と脱衣所をロールカーテンで仕切れるようにしたおかげで、子供たちが洗面所にいながら、主人が浴室を使えるので、朝の身支度もスムーズにできるようになりました。他にもいろいろありますが、細かいところまでこだわることができ、楽しく家づくりができました。松美さんを選んで良かったと思っています。」


【住んでみての感想】

「エアシスがとても快適です。住み始めたときはエアコン1台で冬本当に暖かいのか、電気代がどのくらいかかるのかが少し不安でした。

引っ越ししたのが昨年11月で、この年の冬はすごく寒く大雪の日もありましたが、家の中は春のように暖かく快適でした。外に出て初めてこんなに寒かったのかと思うときが何度もありました。電気代は思っていたほど高くなく、家中全て暖かくしてこの金額なら安いほうだと安心しています。



また、美容の方の仕事をしているのですが、コロナ禍で自宅で営業することもよくあり、皆さんから『本当にエアコン1台だけでこんなに暖かいの?』と驚かれます。もちろん冬だけでなく夏もとても快適です。

実際に暮らしてみて、家事や子育てが、今までより楽になりました。

なかなか出歩けず、お家で過ごすことが多い現状ですが、とても快適に過ごせています。」

と、奥様からとても嬉しいお話しを伺えました。



くじら通信108号
.pdf
Download PDF • 3.97MB

















最新記事

すべて表示

Comentarii


Comentariile au fost dezactivate.
bottom of page